オペラ「いのち」いよいよ本番です。

みなさまこんにちは。
事務局の坂口です。
今週は、長崎にとても勢力の強い台風が近づいています。
そんな中、OMURA室内合奏団は東京に乗り込んでいます。
私は大村でお留守番ですが...

長崎原爆で被爆した女性の恋愛を通じて、命と平和の尊さを描いたオペラ「いのち」。
今日、25日と26日に新国立劇場・中ホールにてキャストを入れ替えての2回公演です。
詳しくは、コチラから → http://www.nntt.jac.go.jp/opera/performance/141029_005947.html

写真はクラリネットの樋口さん、ファゴットの池田さんの撮影です。


ここは、劇場入り口ですね。
「いのち」①

オーケストラピット、広いですね!
「いのち」②

木管楽器の女性メンバー
「いのち」③

ファゴット池田さんのうしろ姿、その先にはコントラバスをもった亀子さんの姿が!
「いのち」④
.25 2015 そのほか comment0 trackback(-)
 HOME 

プロフィール

OMURA室内合奏団

OMURA室内合奏団
長崎県央に位置するシーハットおおむら(さくらホール)を拠点に、プロの室内オーケストラとして、県内在住及び出身演奏家等を中心に結成。
ゲストアーティストの迫昭嘉/ピアノ・指揮、松原勝也/ヴァイオリン、久保田巧/ヴァイオリン、豊嶋泰嗣/ヴァイオリン、川本嘉子/ヴィオラといった日本屈指の演奏家を登録し、その指導や共演による演奏力や音楽性の向上に努めながら質の高い室内オーケストラを目指している。
04年4月の正式発足以来、定期演奏会のほか県内各地のホールだけに留まらず教会や寺院などにおいてのコンサートも展開している。
05年に韓国のオーケストラと開催した「日韓合同交流音楽会」で初の海外公演を成功させ、08年5月には世界的チェリスト「アントニオ・メネセス」とも共演。学校を対象にした「アウトリーチコンサート」や「ブラスクリニック」などの青少年育成事業にも精力的に取り組んでいる。

カレンダー

プルダウン 降順 昇順 年別

06月 | 2015年07月 | 08月
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -


訪問者数

twitter

ブログ内検索

ブックマークに追加

ご意見おまちしています

お名前:
メールアドレス:
件名:
本文:

QRコード

QRコード