祝受賞!

ヴァイオリンの 藤木 修爾さんが
西日本音楽協会賞を受賞されました!
おめでとうございます。

以下、西日本新聞のウェブサイトより
引用いたします。

***********************

若手音楽家の登竜門、第57回西日本国際音楽コンクール
(西日本音楽協会主催、西日本新聞1 件社など共催)が
16、17日、福岡市城南区の末永文化センターであった。
弦・管楽器、声楽、ピアノ、今回新設されたアンサンブルの各部門に
全国から50人が出場。最高賞の末永賞は該当者がなく、
これに次ぐ西日本音楽協会1 件賞に弦・管楽器部門の藤木修爾さん(29)
=バイオリン、長崎県佐世保市=が選ばれた。

 藤木さんはサンサーンスの「ワルツ形式によるカプリス」を演奏し、
華やかな音色で観客を魅了した。
西日本新聞1 件社賞は声楽部門の金見美佳さん(32)=ソプラノ、東京都練馬区。

=2012/06/18付 西日本新聞朝刊=
.20 2012 メンバー活動 comment(-) trackback(-)

プロフィール

OMURA室内合奏団

OMURA室内合奏団
長崎県央に位置するシーハットおおむら(さくらホール)を拠点に、プロの室内オーケストラとして、県内在住及び出身演奏家等を中心に結成。
ゲストアーティストの迫昭嘉/ピアノ・指揮、松原勝也/ヴァイオリン、久保田巧/ヴァイオリン、豊嶋泰嗣/ヴァイオリン、川本嘉子/ヴィオラといった日本屈指の演奏家を登録し、その指導や共演による演奏力や音楽性の向上に努めながら質の高い室内オーケストラを目指している。
04年4月の正式発足以来、定期演奏会のほか県内各地のホールだけに留まらず教会や寺院などにおいてのコンサートも展開している。
05年に韓国のオーケストラと開催した「日韓合同交流音楽会」で初の海外公演を成功させ、08年5月には世界的チェリスト「アントニオ・メネセス」とも共演。学校を対象にした「アウトリーチコンサート」や「ブラスクリニック」などの青少年育成事業にも精力的に取り組んでいる。

カレンダー

プルダウン 降順 昇順 年別

07月 | 2017年08月 | 09月
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -


訪問者数

twitter

ブログ内検索

ブックマークに追加

ご意見おまちしています

お名前:
メールアドレス:
件名:
本文:

QRコード

QRコード